プログラムについて|放課後等デイサービス ストーリー中庄

MENU

プログラムについて

1 POLICY

将来社会の一員として活躍できるように
大切にしていること。

  • 療育の課題を達成しやすい雰囲気作り

    自閉症の子どもたちは「相手の人が表すうれしい気持ち」(例えば~してくれてありがとう!と言われる)よりも「自身が感じる心地よいや楽しいもの」にまずは興味を示します。その要素を取り入れて子どもたちが療育の課題を達成しやすい雰囲気作りを行います。

  • 2分間の休息

    スケジュールの途中で2分間休息を取り入れる。最終ゴールは「自分で休息を自発的に伝えられること」

  • 音に配慮

    音に配慮した時計を使用しています。

  • 湿度・温度管理写真

  • 手洗い

    インフルエンザなどの感染症対策のため温度湿度の管理、入室時の手洗いの徹底など行っています。

利用者の60分の流れの1例

  • 01

    コグトレ

  • 02

    活動1

  • 休息
    (2分)

  • 03

    活動2

  • 休息
    (2分)

  • 04

    活動3

  • 05

    終わり

 子どもにとって解決が必要な生活課題に
応じた活動を3つ程度実施します。

ストーリー中庄はお1人60分の療育を実施しております。プログラムの合間の「休息」も大切なプログラムの1つです。 ○○したい!という肯定的な気持ち以外にも「△△はいやだ!」「休みたい」などの気持ちも生活の中では必要な気持ちです。疲れるなと思う前に自分から「休みたい!」と言える力を育て、身体の気持ちとも向き合える時間になればいいなと思います。

お問い合わせ